ポン太のつぶやき
ポン太が日常感じたことを徒然なく語ります。
プロフィール

ponponta(ポン太)

Author:ponponta(ポン太)
年齢:夢見がちな30代前半

趣味:旅全般、スキー、
    野球観戦(狂巨人ファン)

仕事:サラリーマン(3回目)

家族:奥さん一人



FC2ブログランキング

★面白いブログが一目でわかる!!

FC2ブログランキング

関東ランキングついに3位!!(4/23)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



PR

★ネットで稼ごう!!




★旅のサポート



Welcome



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



FC2



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダヴィンチコード
遅ればせながら、ダヴィンチコード見てきました。
周りの評判がいまいちだったので、あまり期待していませんでしたが、
なかなかどうして、結構深みのあるいい映画だったと思います。

キリスト教のみならず、「宗教」というものが持つ矛盾を鋭くつき、
昔から私が感じていたことに素直に答えてくれた映画のような気がします。

映画の中で、ある人物が

"(キリストが神だから)人は、神の名の下に正義を振りかざし、人を殺す。もし、キリストが人であったらもはや神の名の下にという主張は通らないはずだ。"

というような事を言うのですが、思わず「なるほど」と思ってしまいました。

キリスト教の世界では、この映画はタブーとされているらしいですが、単純な文学作品として見たらかなりの名作なのではと感じました。


ダ・ヴィンチ・コード(上) ダ・ヴィンチ・コード(上)
ダン・ブラウン (2006/03/10)
角川書店
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:ダ・ヴィンチ・コード - ジャンル:映画


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ponpontatravel.blog61.fc2.com/tb.php/91-11c82674
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。